詳細

ユーキャンで保育士資格を取るのは難しい?受講者の合格率は?体験談も交えて解説

  • ユーキャンで保育士資格を取るのは難しいの?
  • 受講者の合格率はどのくらい?
  • 保育士試験の攻略ポイントは?

子どもたちの成長を見守り、やりがいを感じることのできる保育士

共働きの家庭が増えている現在では、社会的なニーズも高まっている注目の国家資格です。

保育士の資格は、短大や専門学校に行くだけではなく、自分で勉強して国家試験に合格すれば取得することができるので、仕事をしている方や子育て経験のある方にも人気の資格ですよね。

実は私も、社会人になってからユーキャンで保育士資格を取りました。

「保育士試験は難しい」と聞いたことがある方もいると思いますが、ユーキャンで保育士資格を取るのは難しいのでしょうか?

せっかくユーキャンを受講して勉強しても、もし合格できなかったら困ってしまいますよね。

そこで今回は、「ユーキャンで保育士資格を取るのは難しいのか」についてご紹介していきます。

ユーキャン受講者の合格率保育士試験の攻略ポイントもお伝えしますので、「保育士資格を取りたい!」という方はぜひ参考にしてくださいね。

ユーキャンの保育士講座

ユーキャンで保育士資格を取るのは難しいのか

ユーキャンで保育士資格を取るのは難しいのかにゃ?

保育士試験は簡単ではないけれど、ユーキャンでしっかり勉強すれば合格を目指せますよ!

保育士試験の近年の合格率は20%前後。

最近は合格しやすくなってきたと言われてはいますが、それでも「簡単に取れる資格」というわけではないですよね。

実は、私が受験したときは合格率が10%くらい。さらに厳しい時代でした。

保育士試験は市販のテキストなどで独学することもできるのですが、私は「絶対に合格したい!」と思ったので、ユーキャンの保育士講座を受講。

私が受講していた当時のテキスト

結果、ユーキャンだけでも合格できました!!

確かに保育士試験は難しいですが、ユーキャンだけでも合格することはできます

ユーキャンの保育士講座

ユーキャンだけでも合格できる理由

なぜユーキャンだけでも合格できるのかというと、ユーキャンには効率よく学習できる工夫があるからなんです。

実際に受講してみて、私は特に次の3つが素晴らしいと思いました!

ユーキャンおすすめポイント

  • 広い範囲を効率よく学習できるテキスト
  • 試験に出るポイントをまとめた副教材
  • 法改正などにも対応できるサポート

ひとつずつ見ていきましょう。

広い範囲を効率よく学習できるテキスト

保育士試験の学習範囲はとても広く、保育原理や心理学、栄養、保健など9科目もあります。

ひとりで勉強すると心が折れてしまいそうでしたが、ユーキャンなら1科目1冊のテキストでわかりやすく、効率よく学習できたので助かりました。

ユーキャンの長い歴史と実績を活かして、過去から最新試験までの傾向を徹底分析しているので、着実に合格力が身につくようにまとめられていますよ。

試験に出るポイントをまとめた副教材

上でもお伝えしたように、保育士試験は範囲が広いのが特徴ですが、ユーキャンには試験に出る大事なポイントだけをまとめた副教材「でる保育士」があります。

私のときは「ポイントブック」という名前でしたが、小さめの本で簡単に持ち運べるので、外出先で勉強したり、ちょっとしたすき間時間にチェックしたりするのにとても便利でした。

試験当日も、会場に持って行って直前まで見ていましたよ!

会場では私の他にも、ポイントブックで勉強している受験生を何人も見かけて心強かったのを覚えています。

ちなみに、実技試験対策には副教材の「実技試験対策セット」もおすすめです。

私は言語と絵画を選択しましたが、実技試験対策の教材のおかげで安心&落ち着いて受験ができました。

法改正などにも対応できるサポート

私が自宅で勉強していて不安だったのが、法改正などの最新の情報がわからないことでした。

法律の改正があると、新しく変わった部分が試験に出やすかったりするんですが、自分でチェックするのは意外と大変なんです。

その点ユーキャンでは、法改正などの情報をお知らせしてもらえるサポートがあったので安心でした。

他にも、添削課題質問などのサポートが充実しているのもありがたかったです。

ユーキャンの保育士講座

ユーキャン保育士受講者の合格率は?

ユーキャン受講者の合格率はどのくらいなのにゃ?

残念ながら合格率については公表されていないんです。

ユーキャンの合格率について調べたところ、「ユーキャンは合格率を公表していない」ということがわかりました。

ユーキャンが合格率を公表しない理由には、次のような説明があります。

一般的に本試験で不合格になられた方は合格有無のアンケートにご回答されない傾向がございます。
そのためアンケートに基づく合格「率」は実際よりも高めに表れてしまいます。
皆様に誤認を与える可能性がございますので、当社では合格者「数」のみを公開させていただいております。

引用元:ユーキャン

合格率を計算すると「実際よりも高めに出てしまう」ので、ユーキャンでは合格率を公表していないのですね。

ユーキャンでは合格率ではなく、合格者数を公表しています!

ユーキャン保育士講座の合格者数
2019年 1,476名

2019年の保育士試験全体の合格者数は18,330名だったので、1割弱くらいがユーキャンで勉強した方になりますね。

ユーキャンの保育士講座

保育士試験の攻略ポイント

最後に保育士試験の攻略ポイントをご紹介します!

これから受験する方は、ぜひ参考にしてくださいね。

保育士試験の攻略ポイント

  • 満点ではなく6割以上をめざす
  • 前期・後期で分けてもOK
  • 3年計画での合格も可能

それぞれ詳しく見ていきましょう。

① 満点ではなく6割以上をめざす

保育士試験は範囲がとても広いので、満点を取ろうとすると難しいです。

私はかなり集中して勉強した方ですが、満点を取れた科目はありませんでした。

保育士試験は1科目6割以上で合格できるので、完璧を目指す必要はありません。

確実に6割以上取れるように、効率よく勉強していくのがおすすめです。

② 前期・後期で分けてもOK

保育士試験は現在、4月(前期)と10月(後期)の年2回の実施になっています。

そのため、例えば「前期で9科目中5科目を合格、後期で残りの4科目を合格」と分けるのもOKです。

1回で9科目全て合格する自信がないという場合は、初めから分けて計画して勉強してもいいですね。

③3年計画での合格も可能

保育士試験は科目別合格制度となっていて、一度合格した科目は3年間有効です。

そのため、3年かけて9科目合格するということも可能なんです。

「忙しくてあまり勉強する時間が取れない」という場合でも、自分のペースでじっくり勉強することができますよ。

※この記事でご紹介した内容は、2021年9月時点での情報です。資格や講座などの最新の情報は、ユーキャン公式サイトでご確認ください。

ユーキャンの保育士講座

まとめ

今回は、ユーキャンで保育士資格を取るのは難しいのかについてご紹介してきました。

保育士試験は合格率が20%の国家試験なので、「簡単に取れる資格」というわけではないですが、ユーキャンだけでも合格することは可能です。

実際にユーキャンの保育士講座では、2019年に1,476名が保育士試験に合格しています。

私もユーキャンだけで合格できたので、自信をもっておすすめできますよ!

私が実際に受講して感じたユーキャンのおすすめポイントは、次の3つです。

  • 広い範囲を効率よく学習できるテキスト
  • 試験に出るポイントをまとめた副教材
  • 法改正などにも対応できるサポート

保育士試験は科目別合格制度で、一度合格した科目は3年間有効です。

「忙しくてあまり勉強する時間が取れない」という方でも、自分のペースで勉強していくことができますよ。

ユーキャン公式サイトでは、保育士講座との相性診断資料請求をすることができます。詳しい内容はこちらからご確認ください。

ユーキャンの保育士講座

-詳細